セルフセラピー・カード、32番目のカードは「リーダーシップ」です。

リーダーシップというと、あなたはどのようなことを思い浮かべますか?

誰にも真似出来ない才能を持った素晴らしい人が周りの人を導いていく、というイメージがあるのではないでしょうか。

もちろん、それもリーダーシップです。

ただし、セルフセラピー・カードでいうところの「リーダーシップ」は趣が少し異なります。

イラストが意味するもの

イラストに描かれているのは、川を下る船に先に乗り、岸にいる人を導いている人、そして、舟に乗るのを待ち、先に乗っている男性の手助けで船に乗り、あるいは乗り込もうとしている人です。

乗るのを待っている人の頭上には雲がかかり、日差しを遮ってしまっています。雨が降ってくるかもしれません。

歩いても川沿いに下れるかもしれませんが、舟で進んだほうが遥かに速く進めることは明らかです。

先に乗っている人の導きで一緒の船に乗り川を下っていくことで、新しい土地へ思うよりも早く向かうことができます。

向こうに見える山々にそびえる、たくさんの木々が新しい世界の素晴らしさを物語ってくれているようです。

同じ船に乗り、川を下った向こうの世界で自分が何をすべきなのか、互いに思い描き、進んでいくことが大切になってきます。

あなたの抱えている課題

このカードが出たとき、あなたが置かれている状況で意味合いが異なります。

あなたが、これからリーダーシップが必要となる立場や環境に置かれる状況である場合、あなたには根本的な意識の転換が必要です。

誰かの下で指示に基づいて動くことと、自分で進むべき方向性を考えて周囲を動かすこととは、真逆のことです。

これからは、あなた自身の考えをしっかりと持ち、周りに対してどのように自分の考えを発信していくのかを決めていきましょう。

あなたが、今リーダーシップを求められる立ち位置にいて、どのようにリーダーシップを発揮していけばいいのか分からない場合は、より強く意識の転換が必要です。

今まで、周りに対して自分の考えを発信して、どうすれば周りが動いてくれるのかを十分考えてこられたことでしょう。

それでも何か足りないものがあると感じて、何かやり方を変えなければならないという、漠然とした思いを持っているかもしれません。

そこを乗り越えるためにも、あなたの認識を大きく変えていくことが重要になってきます。

課題を乗り越えるために

では、あなたの意識を変えていくために大切なことは、一体何だと思いますか?

それは

「あなたが周りを支えていく」

という視点です。

これまでリーダーシップといえば、トップが数段高い視点から物事を見て、周りを率いていくというものでした。

しかし、これからの時代に求められるリーダーシップは、トップの高い視野と人を率いる力だけでは足りません。

トップ自身が周りと同じ目線になって感じられる、「共感力」とも呼べる力が必要です。

例えば、企業であれば、会社の業績を支えているのは、もちろん商品やサービスを利用してくれるお客さんであることは言うまでもありません。

ただ、あまりにも顧客目線になりすぎて、会社の業務を支えている従業員の声を聴くことができているでしょうか?

つまり、大切なのは、足元を支えてくれる人であり、その人の目線に立って物事を考えることです。

トップに立つ人の影響力は、本人が思っている以上に大きなものです。

組織が大きくなるにつれて、日々の業務に忙殺されてしまい周りを見る余裕がなくなってくることも事実です。

そんなときでも、トップが周りに対する配慮や思いやりのある姿勢を見せることができたら、周囲の人たちは

「私たちのこともしっかりと見てくれている」

と感じることができ、モチベーションも上がっていくことでしょう。

トップに立つあなたが周りを引き上げるだけではない、周りと同じ目線で共感でき、支え合っていくことができたとしたら、あなたのリーダーシップは新たなステージへ向かいます。