「神様にお金に困らないようお願いする」

「宇宙銀行にお願いすれば、お金がどこからとなく手に入るようになる」

こんな話を聞いたことはありませんか?

願望実現系のスピリチュアルな人たちがよく使う言葉です。

確かに、何かの懸賞に当たってお金や商品をもらうことはあるかもしれません。ずっとしまっておいて忘れていたお金がふと見つかることがあるかもしれません。

しかし、それはあなたの手によって、努力して自ら掴み取ったお金ではありません。

そんなものは、ギャンブルと同じですぐに消えてなくなってしまいます。

真の億万長者は、一般の人と何ら変わらない生活をしていることがほとんどです。

それは、自分の祖先が汗水流し、時には自らが血の涙を流して築き上げてきたかけがえのない財産であることを分かっているからです。

億万長者は自分自身を「経営」する

真の億万長者は、なぜ慎ましやかな生活をするのか。

それは、財産を承継させるためには多額の税金を払わなければならないことを知っているからです。

そのために、普段の生活にかかるお金を把握しておき、万が一のために、後日のために確保しておくことことが重要な命題となります。

財産があるからといって、好き放題していたらどうなるか、容易に想像できます。

そうです。

あっという間に財産を食いつぶしてしまい、生活に困るだけでなく、税金も払えないため破産するしかなくなります。

真の億万長者は、常に自分自身の行動を常に振り返り、自分自身を客観的に把握しています。

つまり、感情に振り回されません。

人の行動は感情に左右される

私たちの多くが、消費者であると言うのには理由があります。

その消費行動は、常に感情に左右されているからです。

例えば、洋服を新しく買い足そうとお店に出向いたとき

「この洋服カワイイから買っちゃおう」「このスタイルはおしゃれだからひとつ買っておきたい」

というように、自らの趣味・嗜好によって買うことがほとんどではないでしょうか。

それが悪いとは言いません。

ただ、こんな視点を持ってもいいのではないでしょうか。

「この服は、今本当に必要なのか」「この服を着たらどう見られるだろうか」

徒に感情のままにお金を使ってしまうと、お金を捨てることになる可能性が高くなります。

そして、後になって後悔するのです。

「あのとき買うべきじゃなかった」

あなたの行動の結果がお金に表れる

本当にお金を得たいのであれば、ビジネスをし、今あるお金を運用しなければなりません。

ギャンブルや宝くじなどは、どんな理由をつけたとしても単なる「あぶく銭」でしかありません。

不当な手段で多額のお金を得ることができたとしても、それは一時的なことです。

継続してお金を得るためには、それ相応の努力と時間が必要になります。

その努力とかけた時間で得ることができたお金は、あなたの行動の結果であり、一生身につくお金です。

そうしてはじめてあなたは、本当の意味でお金持ちになっていくのです。