私は、時折朝活や朝カフェと言われるイベントに参加します。

参加者の中には会社員の方もいらっしゃいますが、既に独立して自分でビジネスを始めている方もいらっしゃいます。

こうしたイベントに必ずあるのが「自己紹介」です。

常連さんでもない限り、「お初」の人ばかりですから自分のことを知ってもらうことは大切です。

自己紹介の言葉だけを聴いていては分かりませんが、その人全体を見ていると、自分のことを認められていないということが如実に分かってしまう「癖」があります。

その癖とは、「喋りすぎ」と「押し売り」です。

ルールを無視している時点で信頼できない

自己紹介に際して、主催者の人からこんな案内を受けるはずです。

「時間も限られていますので、おひとり1分くらいでお願いします。」

みなさん、1分という時間を「文字数」にするとどのくらいになるか、考えたことはありますか?

おそらく考えたことのない人が多いことでしょう。

1分を文字数に直すと「300文字」と言われています。

あなたが思っていたよりも、多いですか?少ないですか?

おそらく、意外と少ないと思われる方が多いはずです。原稿用紙1枚分もないのですから。

でも、1分という時間だけを聞くと錯覚してしまいます。

「意外と長いんじゃないの?」と

そして、多くの参加者は3分・5分と大幅にオーバーした時間を使ってしまいます。

見知った中であれば時間など気にしなくても済むかもしれません。

しかし、公に参加者を募集して、初めての参加者も一定数いるにもかかわらず、自分の話に酔ってしまい時間を無視して話し続ける人のことを、一体誰が信頼するのでしょうか?

強調するほど怪しまれる事がわからない

ある朝活では、こんなことを話す方がいらっしゃいました。

「私は、このツールと出会ってからタイプ別の役割を通して人間関係を見られるようになって助かっています。」

そこまでは良かったのですが、こちらがお願いしても居ないのに、勝手にタイプ別の特徴の話をし始めます。

「△△タイプの人の真反対は◯◯なので・・・」

こうした「タイプ別診断」の元をたどると、例外なくユングやフロイトの精神分析に行き着くことを私は知っていたので

「始まったか・・・」

と思いながら話を聞いていました。

かいつまんで言うと、どんなタイプ別診断であれ、もともとすべてのタイプの要素を人は持っています。

ただ、程度が違うだけであって、大雑把に言えばどのタイプにも当てはまることがあって当然です。

ですから、タイプ別診断というものにはほとんど意味はありません。

人は「どこかに帰属していたい」という帰属欲求があるため、どこかのタイプに属していますというのがわかれば「安心」する、その程度のものでしかありません。

自分を認めないと周りも見えない

「喋りすぎ」

「押し売り」

これらは、すべて自分のことしか見えていない(自己中心的ではありません)、視野が狭くなっている人の癖です。

裏を返せば、「自分のことをもっと認めてほしい」と思っているからこそ、自分のことを喋りすぎたり、求められても居ないのに自分の好きなものを押し売りしてしまうのです。

こうした癖は、多くの場合、人間関係の障害になりやすい癖でもあります。

言葉は、聞いてくれる人、読んでくれる人がいるからこそ、コミュニケーションとして成り立ちます。

それを理解せずに、キャッチボールができないひとは、仕事でもプライベートでも信頼を得ることは難しいでしょう。