これまで様々なカフェ会に参加して、セミナーの話もいただきました。

本当にありがたいことです。

しかし、正直に言えば、私の目指すものには及ばないところがあることも事実です。

カフェ会では、普段の生活では会えない人たちとの出会いを提供して、仕事やプライベートを充実してもらうことに貢献する役割があります。

そのこと自体は素晴らしいことです。

ただ、実際にカフェ会に参加してみると、参加者の質がいいとはいえないことも事実です。

なぜなら「人との約束があって時間つぶしのために来た」という人も、少なからずカフェ会に参加しているからです。

これでは、カフェ会が、その後につながる人間関係を作ることとは、かなり程遠いものになっても仕方ないのではないでしょうか。

その後につながる人間関係を作るためには、「何のために」集まっているのかが重要です。

カフェ会の目的って・・・

一方で、私はセミナー・ワークショップにも数多く参加したことがあります。

「自分の悩みを解消して人生を好転させたい」

と強く願っている人が集まっているのですから、セミナー・ワークショップを進めていくうちに、強いつながりができるのも当然です。

また、回数を重ねるうちにお互いのことを話す機会も増えますから、つながりがより深くなっていくのも自然な流れです。

セミナー・ワークショップには「テーマ」があります。

つまり、何を学ぶために集まっているのかが明確になっていて、参加者も目的を持って参加しているから、人間関係が深まっていくのです。

「カフェ会の弱点を補うにはこれだ」

と私は気づきました。

カフェ会は、集まるためのテーマはあって無きが如しで、実質的には参加した人たちと一時のおしゃべりを楽しむのが目的です。

だからこそ、以前はネットワークビジネスや営業マンの標的にされ、最近では自己啓発セミナーや仮想通貨投資・不動産投資を勧誘する標的にされています。

あるいは、コミュニケーション能力に乏しい人や、人間関係を作ることができない人が、自分を相手にしてほしいから参加することもあります。

これでは、カフェ会に参加しようとする人が、近い将来いなくなってしまいます。

つながりができるために

そこで、私は、カフェ会にセミナー・ワークショップの手法を入れて、参加者が交流するだけでなく「心について学べる」カフェ会を主催することにしました。

「それって、他のカフェ会でもやってませんか?」

と、あなたはおっしゃるかもしれません。

確かに、表面的には同じようなカフェ会に見えるでしょう。

しかし、その多くは占いやスピリチュアルにちょっと詳しい一般人が、参加者を低価格で占うことで、参加者に得をした気分にさせるだけのものです。

参加者は、その場では満足するかもしれませんが、日常に戻るとそんなことはすっかり忘れて、いつもの日常を繰り返していくだけです。

それではあまりにもったいないことです。

だから、私は、心理学者が研究に用いる心理テストを一般人向けにアレンジされた物を使い、参加者のつながりを深めるきっかけにします。

心理テストを行い自分自身について知ってもらうと同時に、関連した悩みを参加者でシェアすることにより

「私と同じ悩みを持っている」

という共感を得ることができ、自然と親近感が湧いてくるようになります。

そして、同じテーマを違う角度から見ていくことで、さらに自分自身と参加者について知ることになります。

つながりが出来ない訳がありません。

このカフェ会を通じて、自分自身の心について知り、心の健康を保つことの大切さに気づいていただくのと同時に、素晴らしい仲間と出会える機会を作っていきます。

あなたの参加をお待ちしております。