「やらない理由」「できない理由」を見つけて、足を止めようとしている自分がいる。

それが良いとか悪いとかいうわけじゃない。自分の中にあるそうした部分を冷静に見つめて、それでも一歩でも前に進むことが大切。

自分と向き合っていると

「ああ、またこんなふうに思っているな」

というのが分かるから、そこでちょっと立ち止まって、自分がなぜそう思っているのかを見つめ直してみる。

自分を責めても何も変わらないから、休みたいのであれば休む。

ただ、次に何をするのかは常に考えて、前に進む準備をしている。

結局、前に進もうと決めなければ何も進まない。

「できない」「やりたくない」を言っていたら、あっという間に時間は過ぎてしまう。

それでも良いのかと、後悔しないのかと思ったら、前に進むしかない。