「価値がない」と思うとき、それは何に対してなのかをあまり考えることはない。

私が昔感じていた「価値がない」と思ったことの一つを正確に言うならば

「野球選手としては価値がない」

ということになる。高校時代、同級生からのいじめで途中退部しなければならなくなって、もう野球をすることがないと分かったから。

「価値がない」というとき、私たちは自分のすべてを否定してしまう癖がある。

でも、それは間違っているのではないだろうか。

現実として「好き・嫌い」「得手・不得手」があるから、自分の価値を存分に感じられる場面は少ない。

ただ、みんなそこで諦めていることがあまりにも多いから、もうちょっと頑張ってみてもいいのではないだろうか。