一時期よりは下火になっていますが、働き方に疑問を持つ人が増えています。

将来不安も相まって、転職・副業・起業を考えている人は潜在的に多いです。

あなたもその一人ではありませんか?

「自分が情熱を持てることを仕事にしたい」

その思いは大変素晴らしいものです。

しかし、その前に今の現実を改めて見る必要があります。

今の場所で本当にやりきったのか?

情熱を持って取り組める仕事に出会えたら、素晴らしい毎日になるかもしれません。

ですが、大切なのはそう思った理由です。

今の職場・仕事に不満を持っているからではありませんか?

会社員として働いている場合、満足できる環境で働くことは難しいかもしれません。

しかし、周りの人は関係なしに、あなたは精一杯仕事に取り組んでいますか?

「こんなんじゃやってられないよ!」

とばかりに、怒られない程度に適当に仕事をこなしていませんか?

「起業をするために準備する時間も必要でしょ?」

確かに時間は必要です。

でも、それは、あなたのプライベートな時間を使ってすべきことです。

勤務時間を使い、会社のパソコンを使って準備をすることもできるでしょう。

そんな人は、会社に取ってみたら迷惑でしかありません。

万が一バレでもしたら、それこそ大問題になります。

あなたが起業をする準備が整って退職する時が来ても誰も祝福してくれません。

「仕事を投げ出してやめたやつ」

そんな評価をされてまで起業したところで、成功できるはずがありません。

今の会社で精一杯仕事に取り組めない人が、起業をしても先は見えています。

やるなら200%の力を出すこと

転職・副業・起業を簡単に考えすぎている人が多いことも事実です。

しかし、世の中はそう甘くありません。

特に、副業・起業などで全く別のことを仕事にするなら、尚更大変です。

会社員としての常識が一切通じないからです。

会社という組織にいると「社会人として」ということをよく言われます。

ところが、それは「我社の社員として」という意味であることがほとんどです。

ある一つの会社でしか通じない常識を、あたかも常識のように感じています。

これは大きな誤りです。

実際に、副業・起業などで活動をしてみると、それがよく分かります。

つまり、「職を変える」ということにも100%の力が必要です。

もっとかもしれません。

会社員としての常識の中で仕事をすること

独立して個人事業主として活動していくこと

どちらについても100%の力を使う気持ちがなければ成功できません。

200%の力を使う気持ちがあるかどうか、もう一度自身に問いかけてください。