先日発売した私のDVDですが、待望の初レビューをいただきました。

本当にありがたいことです。

画像をクリックするとAmazonのサイトへ移動しますので、レビューを御覧ください。

↓(アフィリリンクではありません)

「レビューをもらったくらいでそんなに喜ばなくても・・・」

という声が聞こえてきそうですが、私の手掛けたものが世に出る、そして評価していただける、こんなにうれしいことはありません。

なので、その点に目をつぶっていただいて、ご容赦ください。

やはり「声」が重要なんです

ポジティブカード編を担当していただいている巴十一(ともえ といち)さんの声に込められている静かな迫力が、ポジティブカードの示す事柄にぴったりなんです。

聞いた瞬間はその迫力に驚いてしまうかもしれません。

でも、少しずつその声に魅了されていきます。

民放の帯番組で「天の声」を担当されたり、数々の現場をこなして培っただけあって、様々な表現を使い分ける、まさに「声のプロ」です。

そんな彼の声を聞いていると、あなたのおへその下あたりがざわついてくるかもしれません。

それほど、彼の声は徐々に沁みていく声なんです。

ポジティブカード編を担当していただいている環友加里(たまき ゆかり)さんの声は、明るく輝いているんですけど、浮ついたところが全くない、安心感を与えてくれる素敵な声です。

それが、ポジティブカードの示してくれる事柄にぴったりなんです。

サイト上ではそのお姿を見せられないのが残念ですが、ジャケットにはちゃんと彼女の写真が載っています。

彼女のデモ・テープ(現代は「テープ」ではありませんが)を聴いたとき、私は思わず涙を流してしまいました。

技術とか、演技とか、そういう話ではなく、彼女の「在り方」がその声を出していることがその瞬間にわかったからです。

「声」を聴いてください

極端に言えば、私の監修したカードの内容は二の次で構いません。

巴さん、環さん、お二人の素晴らしい声を聞いてほしい、そう思わずにはいられません。

お二人が、その一瞬に込めたエネルギーを感じていただけるだけで、何かに気づけるかもしれません。

よろしくお願いします。