今日のカードは「許し」です。

小さい頃は、「力のない自分」を許せませんでした。

子どもだから何にもできないのは当然です。当然なんですが、祖母が亡くなってから後は、自分の無力さを感じることが嫌で仕方ありませんでした。

子どもは、親がいなければ生活できません。両親を亡くされた方の話をお聞きしますが、想像を絶する苦悩や葛藤があることに言葉を失います。

一方でお子さんのことを虐待するなど、親の子に対する暴力被害を報道するニュースが跡を絶ちません。

私は、小さい頃に感じた「無力感」を知っているからこそ、カウンセラーとして活動している今、お子さんをお持ちのお母さんに対して訴え続けています。

「お母さんこそが、自分自身の心と向き合わなければならない」

と。