時期になると宝くじのコマーシャルを目にします。

テレビや新聞・雑誌は言うまでもなく、電車の車内広告でも見かけることがあります。

有名な宝くじ売り場には長蛇の列ができ、一人で何十枚、人によっては何百枚も買う人がいるようです。

日常でも、こんな会話を耳にしたことはありませんか?

「宝くじ当たったら何を買う?」

「六本木あたりに家でも買って住もうかな」

偶然を期待している時点でお金とは縁遠い

宝くじが当たる確率は、飛行機事故に遭遇する可能性よりも低いことはよく知られています。

つまり、一生かかっても当たらないと考えることが自然です。

ですが、こんな風に考える人がいることもまた事実です。

「だって、買わなかったら当たらないじゃないか!」

これを「射幸心」といいます。

風俗営業法では、射幸心を「偶然に経済的利益を得ようとする欲心」と定義づけています。

そうです。

公営・私営にかかわらず、労働の対価以外でお金を得ようとすることはすべて、「射幸心」を煽られた結果であるということができます。

偶然にでもいいから「あぶく銭」を得たいという、人の飽くなき欲ということでしょうか。

でも、それで大金を得たとして、そのお金を使って何か事業などを起こしたという話を聞いたことはほとんどありません。

聞く話の多くは、一晩で数百万の飲食代に使ったとか、翌年の税金を考えずに使ったため自己破産したなど、暗い話題です。

偶然でお金を得た結果は、言うまでもありません。

努力で得たお金だからこそ自分以上に扱える

親のお手伝いをして得た100円玉、小さい頃はそれが宝物に思えませんでしたか?

「あれを買おう」「これが欲しい」などと思っても、せっかくの100円だから一番欲しいものを買おうとあれこれ悩んだはずです。

しかし、学生になって日雇いバイトでもすればすぐにお金を手にすることができる、そんな世の中になってしまいました。

あのとき貴重に思えた100円玉も、電子マネーが普及している現代では、価値を感じることができにくくなってしまいました。

でも、それは自分で努力してお金を稼ぐということを知らないからです。

これだけ豊富にモノがあふれている時代で、多くの人が同じようなサービスを提供している時代で、お金を稼ぐことは容易いことではありません。

学生時代でも、社会人になったとしても、一から自分の力で物を売った経験のある人はごくわずかです。

その経験を持っている人は、お金の使い方の良し悪しを身をもって経験しているからこそ、生き抜いていけます。

そんな強さを、あなたも持ちたいとは思いませんか?