今日のカードは「自由」です。

「あのときは仕方なかった」

「守るべきものがあるから踏ん切りがつかなかった」

と言い訳をしてしまいがちです。

でも、本当に何もできることはないのでしょうか?

環境を変えるために、自分の思い描くものを叶えるために、プライベートの時間を割いてでも準備をすることはできたはずです。

目の前に自由への「鍵」があったのに、それを掴もうとしなかったのは、他の誰でもないあなた自身です。

「疲れた」

は何の言い訳にもなりません。

「守るべきものがある」

ならば、周到に準備すればいいだけのことです。

自由を掴むために、自分のできることをすべてしているのか、自分自身に問いかけてください。

私は、いつも自分自身に問いかけています。