自信満々に堂々としていることが立派で、不安に思い悩むことは人間としてダメだなんて一体誰が決めたというのでしょうか。

私は、むしろその逆だという確信があります。

表面的に堂々としているように見える人の多くは、とても気の小さい、他人の顔を伺う人です。自分の弱さを否定しているため誰にも見られたくないからです。

悩み苦しんできた人は、いつも自然体です。自然体でいるからこそ決して大物感を表に出すことなどせずに、心穏やかにいることができます。

そして、悩み苦しむのは現状に満足しておらず、あなたの心がもっと成長したと感じているからです。

だから、不安に思い、悩むことを決して恥になど思わないで下さい。