心について学ぶようになると、必ず一度は出てくる話の中に「親の影響力」があります。

おそらく、これをご覧になっているあなたも親との関係性について相談したことがあるのではありませんか?

心に携わる多くの人が「親の影響力」「親との関係性の重要性」を指摘しています。

しかし、その一方で、カウンセリングやセラピーを受けたから、親との関係性が良くなっていくはずだと思い込んでいる人も数多くいます。

現実は、そうは問屋が卸さないのです。

私が体験した「影響力」と「刷り込み」

私の母は、祖母が亡くなってからは特に、祖母の苦労話をするようになりました。

「おじいさんが早くになくなってしまい、女手一つで私たち姉妹を育て上げた」

「おじいさんが亡くなったとき、身内に騙されて屋敷や田畑の権利を取られてしまった」

「昼も夜も身を粉にして働いて、今のこの家を手に入れた」

今思うと、ドラマや映画以上に壮絶な話だと思います。

「事実は小説より奇なり」とはよく言いますが、祖父が亡くなってから、祖母は天と地ほどの開きのある生活環境の中でも必死に生き抜いた、気骨のある女性でした。

これだけを聞けば、素晴らしい話に聞こえるかもしれません。

でも、そんな話を数え切れないほど聞かされてきた私にとっては、問題があったこともまた事実です。

それは、話を聞かされたことによって、いつの間にか私の心へ「刷り込み」がなされていたのです。

「財産を持っていると必ず苦労する」

「幸せは苦労しなければ決して手に入らない」

「必死に耐え抜いていくのが人生だ」

それに気づくまで、私は生まれてから30年以上の月日を要しました。

人の心は簡単に変わらない

こう言うと「それも思い込みでしょ!」というツッコミを受けるかもしれません。

ですが、「一瞬にして変わる」「◯日で変わる」とかいうことを言う人に限って、その裏では苦しく辛い経験をしているものです。

その人は公には言わないかもしれませんが。

キャラクターというものがありますから。

仮に、「一瞬にして変わる」方法があるとしても、それは、その人の経験から生み出されたものであって、他の人にとって再現性のあるものとは限りません。

全く異なる生活環境に生まれ、全く異なる人生を歩んできた人、その全てに当てはまる方法があると思うほうが間違いなんです。

そして、人の心は、外からいかなる圧力をかけようとも変わるものではありません。

圧力というのは、暴力だけではなく、自己啓発やスピリチュアルに嵌っていくこともそうです。

一時的には変わったように感じることはあるかもしれませんが。

人は、自らが選んだときにはじめて変わり始めます。

この「選ぶ」ということには、大きなエネルギーが必要です。

自分の価値観を180度変えることもありうるのですから。

そこに、「特別な何か」はありません。誠実に、愚直に進んでいくだけです。