今日のカードは「復讐」でした。

復讐と言えば

「誰かに仕返しをすること」

私も自分の父親に対して

復讐にも似た気持ちになった

そんなことがありました。

でも

父親に再会した瞬間に

気づいてしまいました。

「自分は幸せになるために生きている」

「親がなし得なかったことをするために生きている」

こんなことを言う人もいます。

「生きている意味がわからない」

私は小学校3年生のとき

そんなふうに思いました。

でも

今なら分かります。

「生きていること、それ自体が自分の価値」

それは誰にも否定できません。

たとえ大嫌いな人がいたとしても

その人がいることで

気づけることがあります。

「反面教師」として

「自分な嫌いなこと」

「他人が嫌いなこと」

に気づけます。

復習したいと思うことを

否定することはありません。

大切なのは

その裏にある

「本当に得たいもの」

「人生をかけて手に入れたいもの」

を見ることです。