(※2018年3月7日更新)

「好きと強みは同じでない」

これに気づくために、一体どれほどの時間を費やしたことでしょうか。

私がサラリーマンから独立しようと活動し始めた頃、こういう言葉を聞きました。

「自分の好きなことを仕事にしよう」

「ライスワークではなくライフワークをしよう」

副業・起業を始めようとしても何をしていいのか分からず、ネットで調べたあるセミナーで聞いた言葉です。

「好きなことを仕事にする」

私も当時は「そうだよなぁ〜」と思いながら聞いていました。

しかし、今になると分かるのですが、「好き」=「強み」ではありません。

その視点は非常に危うく、だから副業や起業で成功する人が少ないのかもしれません。

「好き」という感情を前提にすべきではない

「好きなことを仕事にする」

言葉の響きは良く聞こえるかもしれません。

好きなことであれば、毎日が楽しく過ごせそうだとイメージできます。

しかし、本当にそうでしょうか?

「好き・嫌い」

感情の良し悪しを前提にすることほど危険なことはありません。

商品やサービスを売ろうとすれば、必ず壁にぶつかります。

特に最初のころは、結果が出ずに苦労することのほうがたくさんあります。

ビジネスは「0(ゼロ)」から「1」にするのがとても大変です。

自分の商品・サービスの「売り」を知ってもらい、広める必要があるからです。

要するに、「ファン」を作る必要があるからです。

ファンができるまでは試行錯誤の繰り返しです。

試行錯誤の繰り返しは、耐える力がなければ続きません。

「売れない」という現実を受け止め、より良いものにしていく。

そのためには、あなたがプロにならなければなりません。

お客様の求めるものを提供し続けていくという「覚悟」を持つことともいえます。

「覚悟を持つこと」と「好きであること」とは全く違います。

プロとして一定水準を維持していくことは、「好き」だけでは続きません。

「好き」でなくなったら、商品やサービスを提供しなくなるのでしょうか?

そうではありません。

自分がどのような状況にあるとしても、提供し続けるのがプロです。

自分の感情に振り回されているようでは、お客様に示しが尽きません。

感情によって、できる商品やサービスの質が変わる人を「プロ」と呼べますか?

「好き」を超えるものが必要

「プロ」という言葉で、すぐに思いつくものといえばスポーツです。

「ボールは友達」

アニメ「キャプテン翼」の主人公である大空翼が、よく言うセリフです。

勿論サッカーが大好きだからこそ出てくるセリフです。

でも、より強いライバルに出会ったとき、「好き」だけでは乗り越えられません。

「好き」は起爆剤のひとつにはなります。

ですが、強いライバルに打ち勝つためには「好き」を超える何かが必要です。

翼くんがいつも思い描いていたのは

世界一の選手になること   →「No.1」になること

世界最高のMFとなること →「Only-one」になること

でした。

副業・起業に置き換えたらどうなるでしょうか?

似たような商品やサービスを扱っている人の中で

「絶対的な存在」

になることと言えるのではありませんか?

どんなに小さなことでも

「他の人とは違う、際立ったもの」

それは「好き」だから生まれたものではありません。

追い求め続けた結果として、ある時きづくことができたものです。

どんなにおぼろげなものであっても、「好き」を超えるものを見続けること

今は見えなくても、見つけ出すまで続けていくこと

そうしてはじめて、あなたの「強み」になります。

あなたは、そうしたものを持っていますか?