最近話題になっている、日大アメフト部で起きた傷害事件では、昨日、加害者となってしまった学生による会見が開かれました。

「よくあそこまでしゃべってくれた」

「日大の対応は、まるで他人事だ!」

「監督やコーチの責任は問わないのか!」

など事件に対する様々な意見が、ネット上を駆け巡っています。

加害者の学生は、学生日本代表に選ばれるほど能力の高い学生であり、会見を見る限りでは自分の意見をしっかり言える立派なスポーツマンです。

加害行為が監督やコーチの指示であったとして、では、なぜ理不尽な指示に従ってしまったのか。

もちろん、パワーハラスメントの問題もありますが、ここでは、学生が陥ってしまった心理的な「落とし穴」に注目していきたいと思います。

悪いとは分かっていても

試合会場で涙していたように、彼は、無防備な相手にタックルすることはルール上も、倫理上も許されないと十分分かっていました。

分かっていたはずなのに、タックルすることを選択してしまったのは

「試合に出たい」

という、選手として当然の思いが根底にありました。

その思い自体は、何ら否定されるべきものではありません。

問題なのは、彼を卑劣な行動へと向かわせてしまった、監督やコーチなど指導者からの明らかな「圧力」です。

能力のある選手を自分の意のままに操るため、選手として耐えられない状況下において、自尊心を奪う。

選手から試合へ出してほしいと懇願されるまで待ち、受け入れることを条件に、普段であれば決してできないような行動を命令する。

どこかで見覚えがありませんか?

そうです。

一昔前、会社でリストラしたい社員がいた場合、名ばかりの仕事のない部署に異動させ、本人が退職を願い出るように仕向ける。

あるいは

普通に勧誘しては自分たちの宗教に入信してくれないので、サークルを偽り、合宿という名目で外部の影響を一切遮断し、教義を繰り返し教え続けることで入信させてしまう。

程度こそ違えども、同じことがスポーツの中で行われている。

これは由々しき事態です。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」

スポーツをするのは、本来競技者として自分を鍛えることにより、精神的に成長することを目的としているはずです。

試合に勝ちたいのであれば、ルールの中で、戦術を駆使して、相手を超えていくことを目指すべきです。

その精神を忘れてしまったのであれば、スポーツをする意味がありません。

まっとうに努力するからこそ

今までも申し上げてきましたが、これからの時代は、まっとうに努力して、まっとうにビジネスをしている人しか生き残れない時代です。

実力主義のスポーツの世界でも同じことです。

スポーツの世界では、指導者の個人的感情や判断で、能力のない選手であったとしても出場できることもあり、場合によっては世間で注目をあびるようなこともありました。

しかし、例えば、大リーグエンゼルスの大谷翔平投手のように、実力的にも性格的にも、まっとうな人物しかその世界で名を残すことができなくなるでしょう。

政治の世界でも、「権力は腐敗する」の言葉通り、一部の勢力と政権との癒着が明らかになり始めており、どれだけ嘘を重ねても、心ある人によって真相が暴露され始めています。

私たち日本人は、もともと高潔さを持っている民族です。

例えば、身近な例で言えば、たとえ車が来なくても赤信号である限り決して渡らない人がほとんどです。

「そんなつまらないことで【高潔】と言えるの?」

とあなたは思うかもしれません。

しかし、このような身近なことの積み重ねが、本当に人生を左右する決断を迫られたときに、その人の真の姿を表すのです。

タックルをしてしまった学生は、好奇の目にさらされるというリスクを受け入れて、事件後すぐに会見を開いて実名を公表し謝罪しました。

自分の犯した過ちを潔く認める「高潔さ」が彼にはあります。

法律上の罪に問われることがあるとしても、彼のことを非難できる人はいないでしょう。

単に「犯人探し」をするのではなく、自分の人生に置き換えて考えることのできる想像力を養っていきましょう。