私は心理カウンセラーです。

しかし、私はこう思っています。

「セルフ・セラピーはカウンセリングを不要にする」と。

セルフ・セラピー、つまり自分自身の心と向き合うときに、最も大切なのはカウンセリングを受けることではなく、自分自身が気づくことです。

カウンセリングをしているときに、気づくことなどほんのわずかです。ほとんどは、カウンセリングを行ってから時間を経たときにふとしたことがきっかけで、気づきが訪れます。

「それって、カウンセリングをしたからじゃないですか?」

とあなたはおっしゃるかもしれません。

しかし、気づいていただきたいのは、気づくための方法の一つとしてカウンセリングをしただけであって、気づくための方法は他にもあります。

その中でも、大きな助けとなってくれるのが「セルフ・セラピー・カード」です。

私が自らカードを引いて、皆さんにその瞬間の思いをご覧いただいているのは

「最後は、自分自身でやらなければならない」

ということを知っておいて欲しいからです。

私は、もちろんカウンセリングもさせていただきますが、セルフ・セラピー・カードの使い方を知っていただいて、日常の中で気づけを得るきっかけをたくさん作っていただきたいのです。

以前から、私は申し上げてきました。

私が目指すのは、「カウンセラーなどが不要になる世界」「みんなが自分の力で乗り越えられる心の強さを持つ世界」です。

「レジリエンス」なんてかっこいい言葉は使いません。どんなに追い詰められた状況であっても、自分自身を大切にする選択ができる心の強さ。

どんなに惨めに思える状況でも、自分の弱さに打ちひしがれても、受け入れて前に進むことのできる心の強さ。

それを手に入れるためには、表面的な心理テクニックやカウンセリングの技法などは返って邪魔になります。

生の自分自身を、まっすぐに見つめることが大切です。

セルフ・セラピーをあなたのものにしてください。