最近、ブログにコメントをいただくようになって気づいたことがあるので、皆さんにシェアしたいと思います。

私は「こころぐせかきかえ屋」という肩書を使っています。

なぜなら、人の心が長い年月をかけて身につけてしまった「ものの考え方・捉え方」つまり「こころぐせ」は、一瞬で変わるなんてことはありえないと分かっているからです。

そして、「こころぐせ」を変え、人生を変えていくためには一定程度の時間が必要だと分かっているからです。

これまでに、少なくとも1500人以上の方の相談を受けてきた経験から導き出した、私の結論です。

「ショートカット」したがる人たち

でも、世の中には「ショートカット」したがる人たちも多くいらっしゃいます。

私も、そんな人たちと数多く出会ってきました。

では、彼ら彼女らがどうするかというと、「方法」ばかりを求めるのです。

あの占いがすごいと聞けば西へ行き、この先生はすごい聞けば東へ行き、学んではいるので知識だけは持っています。

「この場合は、◯◯ということだから△△ということに気をつけないといけなんですよ」

でも、そう言った舌の根も乾かないうちに、こう言ってしまいます。

「でも、私もそこまで気をつけたことはないんですよね」

つまり、彼ら彼女らは一番大切なことについて何もしないまま、徒に時間とお金を消費しています。

そして、そのことに全く気づいていないのです。

言い換えれば、「手段」と「目的」をいつの間にか取り違えていることに気づいていないのです。

そんなことでいいのでしょうか?

一番大切なこと「自分自身と向き合うこと」が「目的」であって、そこを乗り越えた先に「幸せな人生への変化」という「ゴール」があり、別にやり方は何でもいいんです。

当たり前のことをやるのに必要なこと

やり方は何でもいいんですよ、ホントに。

あなたの感覚に合うものであれば。

ただ、自分に合うやり方を見つけたことに満足しないでください。そこからが大切なのですから。

そこで満足してしまって、当たり前のことをできなくなっている人が大勢います。

あなたにはそうなってほしくないので、あえてお伝えしておきます。

大切なのは、「自分から逃げない」ということです。

人は、「言い訳」の天才です。何らかの理由をつけて他人のせいにしたがる傾向があります。

本当に他の人が原因であるなら、別に問題はないんです。

あと、何でも自分の原因だと思え、なんて言うつもりもありません。

あなたが「過ち・ミス」だと思っていることは、正直に受け入れましょう、と言っているだけなんです。

そこから逃げたら、本当に「過ち・ミス」としてあなたの心に残り続けます。

そして、その思いが「こころぐせ」となって徐々にあなたの人生に影響を与えてしまいます。

だからこそ、私は言い続けています。

「当たり前のことを、当たり前にしましょう」