私が

現在のように活動するまでに

様々な肩書を持つ多くの

「カウンセラー・セラピスト」

と会ってきました。

彼らと話していると

「単なる受け売り」

なのか

「自分自身と向き合って得たもの」

なのか

についてはすぐに分かります。

中には

「自分自身と向き合って得たもの」

をしっかり持っている

素晴らしい方も

いらっしゃいました。

しかし

「カウンセラー・セラピスト」

などを名乗っている人の多くは

「本当にこの人が

人の心を扱っていいんだろうか?」

と思うほど

自分自身のことと

向き合っていない人が

あまりにも多いのです。

そんな現実があることを

あなたはご存知ですか?

「弱さ」を認めた経験がない「弱さ」

「カウンセラー・セラピスト」

の多くは

クライアントだった経験があります。

かくいう私もそうです。

中には

クライアントの経験を

持たない方もいますが

そういう方は少数派です。

少数派ではありますが

「クライアントの経験がない」

ことは

望ましいことではありません。

なぜなら

「誰かに相談すること」

を決めるまでの

葛藤や自問自答を

乗り越えた経験がないため

相談者に寄り添うことができず

必ず

「上から目線」

になってしまうからです。

これは

いわゆる有資格者に

多く見られる傾向です。

有資格者でなくとも

いわゆるスピリチュアルな人の中にも

「私には分かっている」

と言わんばかりに

上から目線になっている方を

多く見かけます。

資格の知名度にかかわらず

クライアントの経験がないまま

資格を取得した方は

カウンセリングを行うとき

学んだ「知識」に頼らざるを得ません。

一方で

スピリチュアルな人は

心理学的な知識の裏付けがないので

自分自身の体験から来る

「独断と偏見」

に頼らざるを得ません。

こうして見てくると

彼らに共通することがあります。

それは一体何だと思いますか?

彼らに共通することは

「自分自身の弱さを認める強さ」

を持てなかったことです。

資格という知識に頼り

自分自身と向き合っていない

クライアントの経験がない

ということは

相談する側として

自分自身の弱さを

痛感するとともに

受け入れて前に進むことを

決めた経験がないことを

意味しています。

また

神様や宇宙のおかげで

自分は救われたと思っていると

自分自身の弱さを

自分自身の力で

乗り越えたという確信を

持てていないことを意味しています。

つまり

「相談するまでの葛藤」

「自分自身の弱さを認める」

「専門家に助けを求める」

「自分の手で乗り越える」

という「学び」を

得ていないのです。

では

クライアントの経験があるから

大丈夫なのかというと

そうとも限りません。

人の心を扱う側になって

私が

スクールで心理学を学んでいた頃

私も含めて

みんなが「クライアント」でした。

悩みを抱え

それを乗り越えるために

知識として学び

ワークショップでは

体験として学んでいました。

その学びの先には

そのスクールでいう

「プロカウンセラー」

という道が用意され

そこへ向かって進んだ人を

多く見てきました。

ところが

その「プロカウンセラー」と

なった人たちの多くは

活動を止めてしまいます。

その理由は

私から見ても明らかでした。

「プロ」になった途端に

自分自身を

プロカウンセラーという

「役割」で生きるようになり

自分自身と向き合うことを

止めてしまったからです。

人の心を扱う

それは

自分自身と向き合い続けると

決めることです。

なぜなら

自分自身が

乗り越えたところまでしか

他人を導くことはできないからです。

いくら知識を得たところで

自分自身と向き合い

乗り越えるために使わなければ

意味がありません。

その経験こそが

意味を持ってくるのですから。

これは

私自身への自戒を込めて

言っています。

私は

自分自身と向き合い続けます。

生涯をかけて。