こんなニュースを目にしました。

神戸・中3自殺 「事務処理が煩雑になる」市教委がメモ隠蔽を指示(Yahooニュース)

世間では、「イジメをなくそう」「自殺を防ごう」など、人の心を大切にする世論が作られているはずなのに、実際の教育の現場ではこんなことが起きている。

もちろん、多くの先生方は、業務負担の大きさで心身共に疲弊しているという状況にありながらも、子どもたちと向き合っていらっしゃることでしょう。

しかし、先生たちを統括・指導するはずの教育委員会がこの状況では、亡くなってしまったお子さんも、ご家族も、虚しさしか残らないのではないでしょうか。

問題は、子どもだけにあるのではありません。その多くは大人の側の問題であるということができます。

「子は親の鏡」つまり「子どもたちは大人の鏡」なのですから。