セルフ・セラピー・カード、25番目のカードは「選択」です。

ここから、いわゆる「ポジティブカード」に入っていきます。

「ポジティブカード」というと、とかく「いいことが起こりそう」というイメージが有ると思います。

しかし、このカードに関して言えば、はっきり言って違います。

あくまでも、「あなたが前へ進むために、今一番必要な要素」を表しており、継続するからこそ道が拓けるのです。

そこのところを間違ってしまうと、一般のオラクルカードや占いのようにカードの内容に一喜一憂してしまうという、本末転倒なことが起こってしまいます。

あなたの心が正しい道へ向かいつつある

このカードが出たとき、あなたは何らかの選択をしなければならない状況にあることでしょう。

結婚、離婚、進学、就職、転職、起業など、様々なことが考えられます。

いずれも、あなたの人生に大きく影響をあたえることであり、一生を左右してしまうことかもしれません。

そんなとき、人は迷います。

あなたも迷っていることと思います。

迷うのは何ら不思議なことではありません。

「どの道が自分に合っているのだろう」

不安に思う気持ちが大きくなり、決断が鈍ってしまうことを怖れています。

ただ、このカードが出るときは、その迷いの中でも何らかの光明が表れていることを示しています。

あなたの進むべき道が見え始めています。

他の道が「間違い」ではない

「じゃあ、他の道に行くことは間違いなんですか?」

あなたはそう思うかもしれません。

大切なのは、いわゆる「善悪」「正誤」のような両極端なことは、心の世界については当てはまらないということを知っておくことです。

数学の問題であれば、一般的に正解は一つしかなく、それ以外の答えはすべて誤りであることになります。

しかし、人の心は、そんなに杓子定規で割り切れるものなのでしょうか?

仮に、ある瞬間の選択を誤ったとしても、次の瞬間で選択し直せば済むのではありませんか?

たった一回の誤りでも犯してしまえば、その後、決して回復することができないというなら、人生はあまりにも厳しいものとなってしまいます。

「間違っても、やり直せる、訂正することができる」

それが、私たちの人生です。

一歩進んでから考える

みんな失敗を恐れるあまり、一歩踏み出すことをためらいます。

石橋を叩きすぎて、渡れるはずだった橋を木っ端微塵に壊してしまいます。

一歩踏み出さなければ自分にとって合っているのか見えてこないはずなのに、最初から「正しい答え」を探しているため、いつまでも一歩を踏み出すことができません。

大切なのは、「歩きながら考える」ことです。

たとえ踏み出したとしても、何も考えずに歩きだしてしまったら、些細な段差でも躓いて転んでしまいます。

歩きだしたら、常に考えていなくてはなりません。

自分が立っている場所を把握していなければなりません。

それを続けているからこそ、周りが見えるようになり、自分の進むべき道が見えるようになってきます。

 

「選択」するということは、そういうことなのです。