本日は、セルフ・セラピー・カード実践講座「セルフ・セラピー・プラクティス」を開講して参りました。

今日は4回目の開催です。

この講座は、受講者さんとマンツーマンでセルフ・セラピー・カードの使い方を学び、ご自身の「セルフ・セラピー」に活かしていただこうという講座です。

4回目からはポジティブカードについて学びます。

ポジティブカードだから「良いカード」ではない

タロットカードやオラクルカードを持っていらっしゃる方、特にスピ系と言われる方たちは

「◯◯のカードは良いカード」

「逆位置は悪い意味」

というイメージを持っていることと思います。

あながちそれは間違いとはいえませんが、その前に、どんな物事であってもある「前提」があるということを忘れてはいけません。

それは

「どんな理論も、私たち人間が考え出した【仮説】に過ぎない」

ということです。

私がセルフ・セラピー・カードについて解説していることも一つの「仮説」です。

しかし、私の「仮説」は、私の人生を通して学び経験したこと、私がご相談を受けた少なくとも1000名を超える方々の人生を通して気づいたことの集大成です。

それに従ってみるのも、従わないのも、すべてあなた次第です。

あなた自身と向き合うことを実践し続ける

私は常々言い続けています。

「あなたの人生を変えるのは、あなた自身と向き合うあなたの勇気、そして愚直に継続し続けること」

ということを。

セルフ・セラピー・カードは、そのための道具の一つです。

ただ、多くの人が「どのような道具を使うか」ばかりに気を取られ過ぎて「道具を使ってどのように自分自身と向き合うか」ということに考えが及んでいないのは、本当に残念なことです。

今日は、受講者さんからのご相談を受ける形で、カードを実際に使ってご相談にお答えしました。

カードは、ちゃんと本人を通して向き合うべきことを見せてくれています。

この講座は、単にカードの解説を行い、使い方を教えるものではありません。

その方が抱えていることを相談して下されば、実際にカードを使いながらお答えしていく、受講者とともに創り上げていく講座でもあります。

その片鱗を、今日は感じていただけたことと思います。

 

そういう意味でも、実りある時間でした。

受講者の方には、本当に感謝するばかりです。