おかげさまで、DVDの存在が少しずつ浸透してきているようです。

既にお知らせしておりますが、販売記念キャンペーンも行っております。

とはいえ、DVDはPCなど再生する機器がなければ見ることはできません。

DVDが見られないときでも、あなた自身と向き合う環境を創るために、一生懸命解説小冊子を作成しました。

(写真上段左が解説小冊子です)

「三種の神器」はできた・・・ではその後は?

写真の通り、セルフ・セラピー・カード、DVD、解説小冊子、この3つが基本セットとなり、まさに「三種の神器」と呼びたくなるほどのセットが完成しました。

とはいえ、これはまだまだ始まりにしかすぎません。

解説も入門編としての位置づけであり、あなた自身と向き合うきっかけとするには十分ですが、私もそれだけでは満足していません。

カードの使い方、自分自身と向き合うこと、それだけではなく、その先には自分以外の人を導くための技法を習得したいという方も数多くいらっしゃることでしょう。

ただ、そのためには、心理学的・心理療法的見地から身につけなければならないことがあります。

それを段階的に習得していくことは、一人の人として生きていくための視点として十分有益ですし、クライアントを相手に関わっていく専門家としても大変重要になります。

そのための講座を今思案中であり、構築中でもあります。

単に「傾聴が大切です」というようなものではありません。

「潜在意識・魂」というような見えないものを扱うものでもありません。

今そこにいる「現実の」クライアントを扱います。

この意味がお分かりいただけますでしょうか?

可能な限り早く、皆さんにお知らせできるようにしていきます。