私は、これまでも繰り返し「自分自身と向き合うこと」による「セルフ・セラピー」の大切さをお伝えしてきました。そのためにカードをどのように使うべきかも。

私自身、毎日セルフ・セラピー・カードを引いて自分自身の「今」を知るようにしています。

InstagramにUPしていた時期もありますが、カード自体はいわゆる「インスタ映え」するものではないので、こちらにUPすることにしました。

同じカードであっても、その日の状態によって感じることが様々です。

それも当然ですよね。カードを引いて感じるところを、その素直な私自身の気持ちをお伝えしていくことで、自分自身と向き合うとはどういうことなのかを掴んでいただければと思います。

自分自身と向き合うことで変わるカードの意味

私もセルフ・セラピー・カードと出会った頃は、タロットカードと同じような感覚で使っていました。カードが言わんとしていることは何なのかを掴もうと、色々考えていた時期もありました。

でも、それが誤りであることに後で気づきます。

今から8年ほど前、それまで15年近く会っていなかった父親と会うために戸籍謄本や住民票を取り寄せ、住所を調べて手紙を出し、実際に東京で会いました。

久しぶりに話をして、ご飯を食べ、一緒に過ごしたのは約5時間程度でしたが、その時間の中で小さい頃から抱いていた私の父親に対する思いが変化していくのに気づきます。

父親と別れて乗った電車の中で、私は心の中で何かが吹っ切れたのを感じていました。親子としてではなく大人の男同士の会話ができたことで、父親の別の面を見ることができたように感じていたからです。

それ以降、カードを引いた時に感じることが変化していきます。

カードに書かれていることをきっかけにして、より深い意味で理解することが出来るようになっていきました。

この出来事をきっかけにして気づいたことは

「カードはあくまでも私自身の現状を映し出す鏡であって、カードに関する解釈は今の私を知るためのベースでしかない」

ということでした。父親との再会は、私自身の心理カウンセリングに対する、セルフ・セラピーに対する考え方を根本から変えていく出来事になります。

これからも向き合い続ける姿勢を

私は今、セルフ・セラピー・カードの解説を実践的にマンツーマンで行う「セルフ・セラピー・プラクティス」という講座をやらせていただいています。

受講された皆さんが、カードを通じて自分自身と向き合うことをきっかけに、確実に人生を良い方向へ変えていかれるのを目のあたりにでき、その瞬間に出会えて本当に嬉しく思います。

ただ、それで満足する訳にはいきません。

ここで満足していては私自身が成長することが出来ず、結果として、これから受講してくださるあなたの成長を逆に止めてしまうことにもなりかねません。

私自身がさらに成長し、講座の内容をブラッシュアップしていくことで、受講者さんの人生をさらに加速させることが出来るものにしていかなければいけません。

そのためにも、私自身がカードを通じて自分自身と向き合っていることをお見せしていくことが大切だと思っています。私の背中を見て本気で人生を変えようと決意してくださる方が増えるためにも。

今年もあと1週間ほどになりました。

来年につなげるためにも、私自身がこれからやるべきことを整理して、それらとも向き合っていこうと思っています。