近頃、私の情報発信のやり方に対して興味を持っていただくことが多く、希望される方には定期的にお話をさせていただいています。

起業をする方、皆さんが目指しているのは商品・サービスが売れること、それは間違いないはずです。

起業をするのですから、自分自身のことを「その道のプロフェッショナル」と認識してほしいはずです。

ですが、本当にそう出来ているのでしょうか。

大変残念ながら、発信の仕方がブレているために、あなたが一体何者なのかが伝わっていないことがほとんどです。

あなたは、いつも「プロである」ということを意識して情報を発信していますか?

プライベートな投稿など要らない

ブログ、Facebook、最近ではinstagramが流行りのようですが、それらを見ているとあることに気づきます。

「プライベートと仕事の投稿がごちゃ混ぜで、何を発信しているのかが一貫していない」

あるときは、プライベートな旅行で行った先の様子を投稿する。

あるときは、仕事でセミナーをしている場面を投稿する。

またあるときは、食べ物の写真を投稿する。

これでは、一体何が言いたいのか相手に伝わるはずがありません。投稿の内容に一貫性が掛けているからです。

あなたは、周囲からどのように見られたいのでしょうか?

商品・サービスを提供する「プロフェッショナル」として見られたいのではありませんか?

ならば、プライベートな投稿は即刻やめるべきです。

プライベートを投稿するなら「プロとして」の投稿を

とはいえ、プライベートと仕事との境界線は曖昧なことが多いのも事実です。

投稿を使い分けることが難しく感じてしまうかもしれません。

そんなときは、こう思ってください。

「プロとしてのあなたが過ごす日常を【プライベート】とする」

一個人であるあなたの【プライベート】ではありません。

商品・サービスを提供している「プロとしてのあなた」が、プロとして送る日常についての出来事を【プライベート】と呼びます。

それは、「プロとしてあなた」の思いや信念に共感してもらいファンになってもらうためです。

ファンになってもらった方に、あなたの商品・サービスを買ってもらうためです。

お友達になるためではありません。

決して「プロとしてのあなた」として振る舞うことを忘れてはなりません。

だから「プロとしてのあなた」で発信し続ける

あなたが見てほしいのは「一個人であるあなた」ではないはずです。

商品・サービスを提供している「プロとしてのあなた」を見てほしいはずです。

であれば、そこに一貫性をもたせることが重要です。

もし、一個人として発信してしまえば、プロであるあなたのファンになってくれたはずの相手が、そのギャップを感じてしまいあなたの発信していることを信じられなくなってしまいます。

そこまで「一個人」としての発信と「プロ」としての発信には影響力の差があります。

この意識が欠けていると、いつまで経っても「プロとしてのあなた」を信頼してもらえないままです。

今日から、その意識を変えていきましょう。