ご相談を受けていると、こんなお話を伺うことがあります。

「お付き合いしているしている人がいるんですが、その他に私のことを大切にしてくれる人がいて、その人に惹かれてしまうんです。。」

「Aさんも、Bさんも、いいところがあってどちらとお付き合いしてもいいような気がして選べないんです。」

主に女性からこういうお話が出ることが多いのですが、確かに客観的に見ても魅力的な方なので、頷ける話ではあります。

ただし、こういう状況はあまり好ましいものではありません。

本当に選べないのか、答えはもう決まっているのか

上のような状況にあるというとき、大きく2つの場合に分かれます。

一つは、いずれのパートナー候補も各々魅力的な部分を持っているので、純粋にどちらかを選べない状況になっているとき、これを「A」とします。

もう一つは、内心では答えが決まっているにもかかわらず、自分で結論を出すことを躊躇っているまま時間がすぎているとき、これを「B」とします。

まず、Aの場合です。

なぜ、それほど魅力的な人があなたの前に現れているのに、あなたはどちらも選べないのでしょうか?

一般的に考えたら、「どっちでも選べばいいじゃん」と思うかもしれません。

しかし、あなたには選べません。

そこに明確な理由はなく、「何となく」としか言いようが無いのでしょう。

ということは、言葉にしないまでも、あなたはこう思っているのではありませんか?

「どちらも違う」

そうです。

言葉にして説明できないということは、人の本能として、DNAレベルで、その相手とは生活していけないということを感じているはずです。

その「感じ」がすべてを物語っています。

選ぶときに選ばないとすべてを失う

では、Bの場合はどうなのでしょうか?

あなたの心の中ではどちらを選ぶのか決まっているにもかかわらず、それでも選ばないという状態になっているとき、考えられることは一つです。

あなたが意識していると否とにかかわらず、あなたは相手に対してこう要求しています。

「私が選ぶ、その理由となるものを私に見せてほしい」

そうです。

あなたは相手を試しているのです。

あなたが自分の心を見せるよりも先に、相手に自分が選ぶだけの根拠を見せろと言っているのと同じです。

あなたが先に自分の心の内を見せて、相手に「NO」を言われてしまうのが怖いのでしょうか?

99.999%大丈夫だと言える状況なのに、万が一の0.001%の可能性を信頼しているのでしょうか?

あなたのその思いは、必ず相手に伝わります。

そして、もう一人もあなたのもとから去っていくでしょう。

そうならないうちに、あなたの中にある「怖れ」をみつめ、乗り越えてはみませんか?