私はこれまでに、恋愛指南本・心理テクニック本の類を数多く読んできました。

時には、友人から進められて読んだこともあります。特に女性が手に取る恋愛指南本については、どんな本が読まれているか分からず、教えてもらいました。

読んでみると確かに役に立つかもしれないと思わせる内容になっています。

「書き方がうまいな」

と思わず思ってしまうこともありました。

しかし、それだけ多く出版されているにもかかわらず、Amazonなどのレビューを見ると「面白かった」「勉強になる」という声ばかりです。

現実に試して、劇的に変わったという声は全く聞こえてきません。

つまり、話としては面白いけど現実に役に立つことはほんの一握り、あるいは全く無いというのが現実です。

恋愛指南本が見落としている大前提

「こうすればどんな女性の心でも掴むことができます」

「パートナーと自分の思うように扱うためには◯◯することが必要です」

「理想のパートナーを引き寄せるためには、△△な場所へ行き◇◇な振る舞いをしなさい」

こんなふうに、恋愛指南本では「いかに異性をコントロールするか」という視点から書かれていることがほとんどです。

しかし、自分以外の人間を、特に生涯のパートナーとなってくれるであろう異性を「コントロール」しようと考えている時点で問題です。

あなたは、自分の意のままに従ってくれる存在を求めているのですか?

才能を発揮して輝き、人生を謳歌するために支え合う存在を求めているのですか?

もし後者であるならば、あることを分かっているはずです。

おそらく、「そんなこと当たり前でしょ!」と言うかもしれません。

でも、知っていることと、実際にできていることとの間には天と地ほどの開きがあります。

その大前提とは

「あなたと相手は、全く別の人間である」

ということです。

どうです?

思ってしまったのではありませんか?

「そんなのわかってるよ!」と

相手を変えようとするのは傲慢

自分は何も変わろうとしないのに、相手が自分の思うとおりにしてくれるよう仕向ける。

これってとても傲慢なことだとは思いませんか?

自分では何もリスクを取らず、相手にばかりリスクを要求して、その果実だけを自分が得ようとしているのです。

仮に、果実を得られたとして、あなたはそれだけで満足できるのか、おそらく満足できなくなることでしょう。

そして、また同じことを繰り返す。

相手も馬鹿じゃありません。あなたのやり方に気づくときは遅かれ早かれやってきます。

そのとき、あなたが失うのは相手の愛情だけではありません。

あなたのやり方を知ってしまった周囲の人達は、あなたのもとから去っていくでしょう。

それでも、あなたのやり方にこだわるのか、選ぶのはあなた、あなた次第です。