いつもは、心について、お悩みについてお話しています。

今日は、少し角度を変えて「お金」についてお話しようと思います。

現代の生活には無くてはならないお金。

だからこそ、お金が原因で問題が起こることもあり、お金に縛られてしまう人も出てきます。

「お金に困らないようになりたい」

と思ったことはありませんか?

私もあります。その思いを叶えるためにスピリチュアルな世界にハマってしまう人を私はたくさん見てきました。

そこまで私たちの心に影響を与える「お金」についての話です。

「お金」を意識しなければならない現代だからこそ

2008年、リーマン・ブラザーズの破綻から始まった経済危機

その後も、ヨーロッパ各国の経済危機が叫ばれ

世界の経済状況は、非常に不安定な時代に入っています。

そんな中、副業や投資、ギャンブルでお金を稼ごうとする人がいて

そうした人たちを騙してお金を取ろうとする人もいます。

何かおかしいと思いませんか?

確かにお金を手に入れることは大切です。

現代では、何をするにもお金が必要となることが多く、お金がなければ生きていくことは難しいです。

でも、その前に考えておかなければならないことがあります。

お金を得るための方法をあれこれ考えることはするのですが、肝心の「お金を得た後のこと」についてまで考えている人はほとんどいません。

だから、あなた自身に尋ねてみてください。

「何のためにお金を得ようとしているのだろうか?」

宝くじ当選者の多くが生活を破綻させている

季節ごとに発売される宝くじ。

「6億円当たったら何を買おうかな・・・」

と思いを巡らしながら、あなたも買ったことがあると思います。

有名な売り場に長蛇の列ができることは、ある意味季節の風物詩になっています。

当選金額も種類によっては5億円、10億円という時代です。

当然、当たる人もいます。

しかし、当選者の約70%がその後の生活をおかしくさせてしまったことについて、ほんの一部の人しか知りません。

たまたま買った宝くじが当たって、突然手にした数億円。

自ら使ってしまう、あるいは寄ってきた人たちに請われて気前よく使い、お金はすぐに無くなってしまいます。

でも、湯水のようにお金を使った経験を忘れることが出来ず、生活のレベルを落とすことができなくなり、どん底にまで落ちてしまう。

こんなことが繰り返し起こっているのです。

リテラシーの低い私たち日本人

私たち日本人は、こう刷り込まれてきました。

「お金の話をするのは汚いことだ」

「お金は貯金しておけばよく、投資などギャンブルと変わらない」

第二次世界大戦後、日本が右肩上がりに豊かになっていく時代であれば通用した考え方です。

黙って銀行にお金を預けていれば利息がついて、会社に長く勤めていれば給料も上がっていきました。

しかし、時代は変わりました。

銀行にお金を預けていても一向に利息はつかず、会社に長く勤めていても給料も上がりません。

どんなに大きな会社であっても、ひとつ間違えれば一瞬で倒産してしまう時代になりました。

かつての「安定」はもうありません。

「じゃあ、どうしたらいいんですか!?」

と思う気持ちも十分わかります。ですが、怒りたくなる前にまず考えなければならないのは

「私は、『何のために』お金を得ようとしているのか?」

ということです。

お金に対する自分の価値観を明らかにする

世の中では、お金を増やすための様々な方法が宣伝されています。

有名なところでは、株、投資信託、不動産投資、FXなどでしょうか。

どれを選ぶかはあなたの自由です。

そのとき、長所と短所をしっかりと考えてわかった上で始めてください。

ただ、それよりもハッキリさせておかなければならないのは

「何のためにお金を得て、どう使おうとしているのか」

というあなたのお金に対する価値観です。

お金自体は、単なる紙と金属です。

特殊な印刷がされ、特殊な加工がされているだけです。

国が「お金」だと認めているから、お金として使えるだけです。

その紙と金属に意味を与えているのは、私たちです。

その意味について、真剣に考える時代が来ています。