久々に暑さが戻ってきた今日ですが、残暑に負けずに開催してまいりました。

残念ながら、今日はお客様がいらっしゃいませんでした。

なので、今日はお客様のためのオリジナルプログラムを構築していました。今までいろんな方の助けを得て「言語化」してきたことにヒントを得ています。

今日は、ひとつ気になることがありました。

私の隣で、オラクルカードを使ったリーディングをされていた方がいらっしゃったのですが、見ていて残念な気持ちになりました。

おそらく友達同士なのでしょう。

練習でセッションをしているのは分かるのですが、カードの解説書を読みながらアドバイスをしている姿を見ていると、とても痛々しい気持ちになりました。

解説書を読まなければセッションができないということは、セッションを提供している人がカードに振り回されているということです。

カードの意味するところが、全く腑に落ちていないということです。

私もカードを使いますが、自分自身と深く向き合いカードの意味するところを引き出すことができなければ、カードを使う意味がありません。

スピリチュアルに嵌ってしまう人の典型例を、久々に見ました。

とはいえ、人のことをどうこう言う前に、自分が日々前進していかなければという反面教師として目にすることができたことに、感謝しています。

 

次回は10月17日(土)、14:00〜16:00です。