本日は、雨模様のあいにくの天気でしたが、いつもと同じようにこころぐせ発見処やなぎ屋を開催して参りました。

13:10〜14:10にご予約いただいていたお客様がいらっしゃいましたので、お話をお聴きしました。

お客様の女性は、以前とあるイベントで15分間のプチカウンセリングを受けていただいたことがきっかけで、今回ご予約いただきました。

彼女は、プチカウンセリングを受けたことがきっかけで、自分自身のことを見つめ直してみようと、ノートに自分が気になっていることを書き出してみたそうです。

それを拝見させていただきましたが、自分自身の嫌だと思う部分についても、しっかりと書き出してあったのでお話を進めるにも大変役に立ちました。

やはり、客観的に見ることのできる状態にまとめておくのは、大変有効であることが再確認できました。

彼女のお話を伺い、話を進めていくうちに、彼女の本質が見えてきました。それは

「他者のためにできるだけのことをしてあげるのが、人として当然」

という素晴らしい信念を持っていることでした。

そして、その純粋な感性を持っているからこそ、人間関係の矛盾に、その矛盾を受け入れなければならなかった自分に対して、何度も何度もダメ出しをして「自分」を表現することを怖れていることがわかりました。

時折涙を浮かべながらも、自分の思いを言葉にし、私の話に耳を傾けていただけたことで、とても有意義な時間になったのではないでしょうか。

彼女にとって、大きな一歩になることを切に願っています。